Browse By

ある編集長のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校

最終更新日: 2019年05月13日
地図を読み込んでいます・・・

日時
2019年04月27日 - 2019年06月23日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で定期的に入れ替えで開催されている「企画展」、今回は、編集者でありウィリアム・モリス研究家であった小野二郎(1929-1982)とその周辺活動を紹介する展示です。

小野二郎は、東京大学卒業後に弘文堂で編集活動を開始し、大岡信らの「現代芸術論叢書」シリーズを企画・刊行。その後、1960年に晶文社を設立し、60年代から80年代の出版文化へも影響を与えています。

その活動の根底にあったのは、詩人でありイギリス工芸運動の思想家であったウィリアム・モーリスが構想した“ユートピア”思想でした。

世田谷美術館での企画展では、小野二郎の“ユートピア”の世界を、「ウィリアム・モリス」「晶文社」、そして52歳で早世した小野の思想を受け継いだとも言える「高山建築学校」の3部構成により紹介しています。

関連イベントとして、講演会「ウィリアム・モリスと小野二郎」(5月18日午後2時~3時30分)、講演会「陽性の親和力」の運動(6月1日午後2時~3時30分)、講演会「高山建築学校の小野二郎―white mountain noon collegeへ―」(6月22日午後2時~3時30分)、100 円ワークショップ「植物図案のステンドグラス風ブリエット・オーナメント」(期間中毎週土曜日午後1時~3時)も開催されます。

名称 ある編集長のユートピア 小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校
日付 2019年04月27日 - 2019年06月23日
時間 10:00 - 18:00 ※展覧会入場は閉館30分前まで
場所 世田谷美術館
料金 一般1000(800)円、65歳以上800(600)円、大高生800(600)円、中小生500(300)円。※()内は20名以上の団体料金。
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問い合わせ先 世田谷美術館(03-5777-8600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です