Browse By

ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ

最終更新日: 2018年07月27日
地図を読み込んでいます・・・

日時
2018年07月14日 - 2018年09月17日
10:00 - 18:00

場所
世田谷文学館

カテゴリー


松任谷由実やMr.Childrenなど1000枚以上ののCDジャケットを手掛けたアートディレクター信藤三雄(しんどうみつお、1948年~)のクリエイティビティの全貌に迫る企画展です。

信藤三雄が手掛けてきたのは、他にもサザンオールスターズ、SMAP、ピチカート・ファイヴ、フリッパーズ・ギターなど、日本の音楽界を代表するようなミュージシャンの名前が並びます。また、映像ディレクターや写真家、書家、ミュージックビデオや映画の製作などにも多彩な才能を発揮し、多くのクリエイターにも影響を今なお与え続けています。

展覧会では、80年代の初期作から最新作までが展示されます。信藤三雄が自らが展示会の空間プロデュースを行っており、会場デザインは、建築家・デザイナーの遠藤治郎が担当。また、展覧会の公式テーマソングは、信藤三雄がリーダーを務める伝説的ガールズ・ポップ・グループ「スクーターズ」が、新曲「ビーマイベイビー」をレコーディングしており、展覧会に合わせてレコードをリリースします。加えて、主要作品の図版や、信藤三雄最新インタビュー、米津智之(アートディレクター)と伏見京子(スタイリスト)による対談、著名音楽家からの寄稿などを掲載した320ページのカタログ(税別3200円)も刊行されます。

関連企画として、7月21日に信藤三雄の倉庫から発掘されたコンテムポラリー・プロダクションのオリジナルグッズなどを販売する「320(ミツオ)ガレージセール」、8月5日に信藤三雄と音楽プロデューサー・牧村憲一が出演するトークイベント「音楽とアートの蜜月時代~“渋谷系”はなぜ生まれたのか」が行われます。また、9月1日にはレクチャー「世田谷音楽図鑑~柳田ヒロと日本のロックの源流」がスピンオフ企画として開催されます。

名称 ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ
日付 2018年07月14日 - 2018年09月17日
時間 10:00 - 18:00 毎週月曜日は休館(7月16日は開館、翌17日休館。9月17日は開館。)
場所 世田谷文学館
料金 一般 800円 / 65 歳以上、高校・大学生 600円 / 小・中学生 300円 ※7月22日(金)は 65 歳以上無料
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
お問い合わせ先 一般 800円 / 65 歳以上、高校・大学生 600円 / 中学生以下 無料 ※7月20日(金)は65歳以上無料、9月17日(月・祝)は60歳以上無料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です