Browse By

受け継がれる工芸の技と心―そして現代へ

     
地図を読み込んでいます...

日時
2019年12月07日 - 2020年04月12日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で年3回入れ替えられている「ミュージアムコレクション」展。2019年度の第3期目は、「先人たちの技と心を受け継ぎつつ、新たな表現に挑戦する工芸家」による作品が展示されます。

展示されるのは、山田貢(染色)、柚木沙弥郎(染色)、志村ふくみ(染織)、小栁種国(異字:くにがまえに皇)(漆)などです。また、彫刻家・面打師の入江美法(1896 -1975)の能面なども紹介されます。

関連イベントとして、講演会「金工の伝統技法とその魅力」(2020年2月9日14:00 ~ 15:30)、講演会「工芸作家の制作姿勢と表現」(2020年4月5日14:00 ~ 15:30)が行われます。

名称 受け継がれる工芸の技と心―そして現代へ
日付 2019年12月07日 - 2020年04月12日
時間 10:00 - 18:00 毎週月曜日と12月29日―1月3日は休館日。※2020年1月13日と2月24日は開館、翌1月14日と2月25日は休館。
場所 世田谷美術館
料金 一般: 200円、大・高生: 150円、65歳以上、中・小生: 100円
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館
お問い合わせ先 世田谷美術館(電話: 03-3415-6011)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です