Browse By

ミュージアム コレクションIII 美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇

最終更新日: 2021年01月12日
地図を読み込んでいます...

日時
2020年12月19日 - 2021年03月28日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で年3回入れ替えられている「ミュージアムコレクション」展。2020年度の第3期目は、新型コロナウイルスの影響により会期が変更されています。

世田谷で最初に開通した鉄道である玉川電気鉄道は、1907年の開業以来、「玉電」の愛称で親しまれてきました。その後の変遷を経て、現在は東京田園都市線の一部と、東急世田谷線にその面影をとどめています。

玉電沿線では、1913年に開発された都内初の高級分譲地の桜新町や、1923年の関東大震災以降の住宅化により、多くの芸術家も移り住んできました。今回のコレクション展では、この沿線にゆかりがある美術方の作品を、エピソードと共に紹介しています。様々な美術家たちの交流や創作に加え、沿線で繰り広げられた様々な物語も楽しむことが出来ます。

取り上げられるのは、三宿駅近くに画室「白田舎」を建てた日本画家・平福百穂と、歌人・斎藤茂吉との交流や、関東大震災後の駒澤大学校舎や図書館の再建に携わった建築家・菅原栄蔵と、菅原が構想した駒沢芸術家村のアトリエに住んだ洋画家・向井潤吉、1930年代に写真家・桑原甲子雄がとらえた世田谷ボロ市の風景などです。

名称 ミュージアム コレクションIII 美術家たちの沿線物語 田園都市線・世田谷線篇
日付 2020年12月19日 - 2021年03月28日
時間 10:00 - 18:00 毎週月曜日は休館日。※1月11日は開館、1月12日は休館
場所 世田谷美術館
料金 一般: 200円、大・高生: 150円、65歳以上、中・小生: 100円
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館
お問い合わせ先 世田谷美術館(電話: 03-3415-6011)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です