Browse By

清川泰次 具象から抽象へのあゆみ

最終更新日: 2019年06月13日
地図を読み込んでいます・・・

日時
2019年04月02日 - 2019年10月06日
10:00 - 18:00

場所
清川泰次記念ギャラリー

カテゴリー


清川泰次記念ギャラリーの2019年度第1期展覧会です。画家・清川泰次の生誕100年となる2019年ですが、清川泰次記念ギャラリーでは、その約60年の画業を2期に分けて紹介する展覧会となっています。

第1期では、清川の画業前半となる、1940年代から60年代半ばまでの作品が展示されます。慶應義塾大学在学中から油絵を始めた清川は、1940年代から二科展などに出品したものの、その後自身の芸術を模索し、1951年から3年間渡米。その後、本格的に抽象表現に移行することを決めました。

今回の展示では、具象的な形が次第に消えていき、線と色面が多彩に交わる表現へと移行していくスタイルの変遷を見ることができます。

関連イベントとして、美術館の学芸員を講師としたギャラリートークが5月10日と8月24日(それぞれ11:00から20分程度)に開催されます。

名称 清川泰次 具象から抽象へのあゆみ
日付 2019年04月02日 - 2019年10月06日
時間 10:00 - 18:00 毎週月曜日は休館 ※ただし祝・休日と重なった場合は開館、翌平日休館
場所 清川泰次記念ギャラリー
料金 一般 200円 / 大高生 150円 / 65歳以上、中小生、障害者 100円 / ※小・中学生は土、日、祝・休日および夏休み期間は無料
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー
お問い合わせ先 世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー(電話: 03-3416-1202)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です