Browse By

清川泰次 白と線の時代

最終更新日: 2022年06月15日
地図を読み込んでいます...

日時
2022年04月01日 - 2022年09月11日
10:00 - 18:00

場所
清川泰次記念ギャラリー

カテゴリー


清川泰次記念ギャラリーの2022年度第1期展覧会です。

自由な表現を探究し続けてきた画家・清川泰次。約60年に及んだ画業のうち、1970~80年代の20年間は、清川が独自の境地を見出した時期として挙げられます。

清川の絵画は、1940年代に具象画から始まりました。1950年代には渡米をきっかけとして、抽象的な表現に変化していきます。マチエールを意識した色と線と面による表現の後、1970年代になると、カンヴァスを白く塗り、そこに灰色などで細く線を引くスタイルへと発展していきました。無機質のように見えながらも、あたたかみも感じさせる白に、様々な形を表す線が調和しています。画面上の要素が極限まで簡素化された表現は、清川の絵画のひとつの到達点とも言えます。

今回の展示では、このように長年の探求を経て完成された清川の簡潔な構成美が、前後の画風の変遷と共に紹介されます。

関連イベントとして行なわれていたギャラリートークは、当面の間休止となっています。

名称 清川泰次 白と線の時代
日付 2022年04月01日 - 2022年09月11日
時間 10:00 - 18:00 毎週月曜日は休館 ※ただし祝・休日と重なった場合は開館、翌平日休館
場所 清川泰次記念ギャラリー
料金 一般 200円 / 大高生 150円 / 65歳以上、中小生、障害者 100円 / ※小・中学生は土、日、祝・休日および夏休み期間は無料
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー
お問い合わせ先 世田谷美術館分館清川泰次記念ギャラリー(電話: 03-3416-1202)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//構造化データを出力