Browse By

美意識のトランジション ― 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ―

最終更新日: 2019年10月24日
地図を読み込んでいます・・・

日時
2019年10月26日 - 2019年12月08日
10:00 - 17:00

場所
五島美術館

カテゴリー


五島美術館で定期的に入れ替えで行われている展覧会。今回は「特別展」として、収蔵品以外の美術品も合わせて展示されます。

16~17世紀に焦点をあて、当時の揺れ動く社会情勢の中で盛んな交易が行われていた東アジア世界の、文化的な過渡期(トランジション)に当たる作品が集まります。

「爛熟する造形」と「清新な美意識」が交錯した東アジアの数十年間の美を、日本に伝来している絵画・書・工芸・書物の名品により紹介する展覧会です。

五島美術館蔵や大東急記念文庫蔵の所蔵作品の他にも、愛知・徳川美術館蔵の国宝「初音蒔絵香盆」や、大阪・和泉市久保惣記念美術館蔵の重要文化財「源氏物語手鑑 土佐光吉筆」、福岡市博物館蔵の重要文化財「洛中洛外図屏風 狩野孝信筆」など、全国の美術館・博物館の貴重な所蔵品が展示されます。

会期中には一部展示替えも予定されています。また、関連イベントとして、講演会として、「日本人好みの中国陶磁と明末の中国文化」(11月9日14:00~)、「明末の文人趣味と出版文化」(12月1日14:00~)、ギャラリートークとして、「過渡期の京を覗いてみれば―洛中洛外図を中心に」(10月31日14:00~)、「新素材のファッション革命―舶来木綿と毛織物」(11月22日14:00~)、「茶の湯における茶碗の画期」(11月27日14:00~)、「転換期の出版と文芸 」(12月5日14:00~)が行われます。

名称 美意識のトランジション ― 十六から十七世紀にかけての東アジアの書画工芸 ―
日付 2019年10月26日 - 2019年12月08日
時間 10:00 - 17:00 ※入館は16:30まで。毎月曜日は休館。(11月4日は開館、翌5日が休館)
場所 五島美術館
料金 一般: 1200円、高・大学生: 900円、中学生以下: 無料
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 五島美術館
お問い合わせ先 五島美術館(電話: 03-5777-8600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です