Browse By

世田谷区のホームページがリニューアル SSLやレスポンシブに対応 注意点も

世田谷区ホームページ

リニューアルされた世田谷区ホームページのトップページ

7月1日、世田谷区は区のホームページ(https://www.city.setagaya.lg.jp/)をリニューアルし公開しました。トップページの利便性向上や、全ページの「SSL」対応、スマートフォン利用者の利便性を向上させる「レスポンシブ」対応などが行われています。一方で、ページのURLは全て変更となっておりリダイレクト(転送)設定も行われていないことから、利用には注意も必要となっています。

トップページはより使いやすく

今回のリニューアルではトップページが整理され、ページ上部の「情報を探す」コーナーと、下部の「お知らせ」コーナーに分離されています。「情報を探す」では、「キーワード」「目次」「テーマ」の3つに分けて必要な情報を探すことが出来るようになっています。

「お知らせ」は、旧トップページでは注目情報や更新情報が別々の場所に分かれて表示されていましたが、リニューアル後は1カ所にまとめられ、「タブメニュー」により「注目情報」「更新情報」「イベント」「募集」を切り替えて表示することが可能となりました。

SSL・レスポンシブ・ユニバーサルデザインに対応

トップページ以外の各ページのデザインもリニューアルが行われています。全ページは暗号化通信(SSL)対応となり、昨今標準化となりつつある安全性の向上も行われました。これに伴い、ページURLがこれまでの「http」から始まる形から、「https」から始まる形へと変更になっています。

また近年は、多くのWebサイトでスマートフォンからのアクセスがパソコンからのアクセスを上回っていますが、区のホームページでもこの傾向に対応すべく、ページの画面幅に合わせてデザインが自動的に最適化される「レスポンシブWebデザイン」を採用しました。

その他、ウェブアクセシビリティ規格の「JIS X 8341-3:2016」に対応し、高齢者や障害がある人にも配慮した、使いやすさと見やすさを考慮した作りとしています。

注意点も

一方で、リニューアルに伴う注意点もあります。

リニューアル後のページURLは、以前のページURLとは同一となっておらず、新URLへのリダイレクト設定も行われていません。区では新旧URLの対照表をエクセルで公開しているため、基本的なサイト構造自体は変更になっておらずリダイレクト設定も可能だったと考えられますが、ここはユーザーの利便性よりも今後の運用面を優先したようです。

また区では、旧URLから新ページを調べる方法として、各URLの末尾についている「ページ番号」の検索も対応策として示しています。実際に区ホームページ内の「検索枠」にページ番号を入力して検索すると、該当の新ページが表示されるようになっています。但し、検索がうまく働かないこともあるようで、その場合は通常の「キーワード検索」と同様に動作するため、該当のページが表示されません。この場合は、該当のページが表示されるまでページ番号で検索する必要があるようです。

Googleを始めとする検索エンジンで検索した場合も、しばらくは旧ページが表示されることも想定されるため、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です