Browse By

世田谷区、8月と9月新規開設の保育園で入園申し込みの受付開始

世田谷区では6月15日、8月と9月に開設等を予定している3箇所の保育施設に関して、入園申し込みの受付を開始した。

8月1日に新規開設となるのは、厚生館福祉会が運営する認可保育園の「北烏山一丁目保育施設(仮称)」。定員は0歳から5歳までの合計80名。9月1日に新規開設となるのは、グローバルキッズが運営する認可保育園の世田谷四丁目保育施設(仮称)。定員は0歳から5歳までの合計60名。

また、砧6丁目にある砧の会が運営する「高木保育園」は、9月1日にに認可外保育施設から認可保育施設への移行を予定している。こちらは、0歳から2歳の19名が定員。

申込み期限は、8月1日開設予定園が7月11日必着、9月1日開設予定園が8月10日必着となっている。申込みは、住まい地域を担当する各総合支所生活支援課子ども家庭支援センターの窓口で受け付けており、郵送は不可となっている。

世田谷区の保育待機児童数は近年大きく増えており、区では認可保育園の整備など保育定員を拡大しているものの、就学前人口の増加や保育需要の高まりから追いついていないのが現状だ。待機児童数は2011年度は688人だったものが、2016年度には1.7倍の1198人まで増えている。一方で保育定員は、2011年度の1万1239人から2015年度には1万4651人と30%増加している。

なお、9月1日開設予定となっていたスマイルキッズ下北沢保育園に関しては、工事状況などから開設時期に遅れが生じる可能性が出たため、今回は申し込み対象園とはなっていない。区では2016年中にこの他に1箇所の私立認可保育園の開設を予定している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です