Browse By

没後40年 濱田庄司展

地図を読み込んでいます・・・

日時
2018年06月30日 - 2018年08月26日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で定期的に入れ替えで開催されている「企画展」、今回は、人間国宝(無形文化財保持者)第1号の一人であり、世界的にも有名な陶芸家、濱田庄司(1894-1978)の没後40周年の展示として行われます。

濱田と交流があった堀尾幹雄氏(1911-2005)が大阪市立東洋陶磁美術館に寄贈した約200点余りの収蔵品から184作品を選び、濱田庄司の器の魅力を紹介する展示となります。

さらに、京都市陶磁器試験場時代や滞英期の資料、創作の源泉として濱田自身が蒐集した世界各地の民窯の器なども加え、展示作品数は約200件となります。生活に根ざした暮らしをしながら、益子の土と釉を使って、新たな境地を開拓していった濱田庄司の健やかな器の魅力が紹介されます。

展示構成は、「1章 創作の源泉 1)京都市陶磁器試験場時代から 3 年間のイギリス生活まで 2)創作の糧となった濱田の蒐集品」「2章 益子での創作の日々」「3章 濱田庄司の茶碗」となっています。

また関連企画として、講演会「濱田庄司の茶碗-民芸と茶をめぐって」(講師:杉山享司)、小学校中学年以上の子ども向けに作品を楽しむヒントを話すミニレクチャー「子どもと楽しむ『濱田庄司展』」、実際に陶芸を体験して益子にある濱田さんの窯も見学する本格志向の美術講座「こども美術大学『ツチ・ノ・チカラ』」などが開催されます。

名称 没後40年 濱田庄司展
日付 2018年06月30日 - 2018年08月26日
時間 10:00 - 18:00 ※毎週月曜日は休館日(祝日の場合は翌火曜日)
場所 世田谷美術館
料金 一般1000円、65歳以上800円、大高生800円、中小生500円。団体割引等あり。
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問い合わせ先 世田谷美術館(電話: 03-5777-8600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です