Browse By

生誕160年記念 グランマ・モーゼス展 素敵な100年人生

最終更新日: 2021年12月17日
地図を読み込んでいます...

日時
2021年11月20日 - 2022年02月27日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で定期的に入れ替えで開催されている「企画展」、今回は、アメリカの国民的画家と言われるグランマ・モーゼスことアンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス(1860~1961)に焦点を当てた展示となります。

アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼスは、モーゼスおばさん(グランマ・モーゼス)の愛称で知られるアメリカの国民的画家です。70代から本格的に絵を描き始め、初めての個展は80代になってから開催。生涯、農家の主婦として暮らしながら、101歳で亡くなるまで絵を描き続けました。

今回の「グランマ・モーゼス展」は、生誕160周年を記念した企画展で、日本でのグランマ・モーゼスの個展としては2005年以来となります。4月~6月の大阪会場(あべのハルカス美術館)から始まり、7月~9月の名古屋会場(名古屋市美術館)、9月~11月の静岡会場(静岡市美術館)に続く4会場目の開催となり、世田谷美術館での東京会場の後、22年4月からは広島会場(東広島市立美術館)で開催されます。

展示では、初期の作品から100歳の時に描いた絶筆までの代表作に加えて、刺繍絵や愛用品、資料などと共に、日本初公開作品も含んだ約130点が公開されます。

展示会は4章構成となっており、第1章「アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス」では、モーゼスとゆかりのある場所や人生の転機となった作品などから、グランマ・モーゼスの人物像を紹介。第2章「仕事と幸せ」では、家族や村の人々との素朴な日常の暮らしを紹介。第3章「季節ごとのお祝い」では、春夏秋冬で移り変わる農場での暮らしを紹介。第4章「美しき世界」では、グランマ・モーゼスの絵で最も大切なテーマである「自然のあわらぬ美しさ」に沿って、自然を主題にした作品が紹介されます。

関連企画として、おうちで100円ワークショップ!「箱の中のカントリーライフ」(期間中の毎週土曜日午後1時~3時)も開催されます。

名称 生誕160年記念 グランマ・モーゼス展 素敵な100年人生
日付 2021年11月20日 - 2022年02月27日
時間 10:00 - 18:00 ※チケットは、購入サイトで予め日時指定予約で購入する必要があります。
場所 世田谷美術館
料金 一般1600円、65歳以上1300円、大高生800円、中小生500円。
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問い合わせ先 世田谷美術館(03-5777-8600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//構造化データを出力