Browse By

祈り・藤原新也

最終更新日: 2022年12月02日
地図を読み込んでいます...

日時
2022年11月26日 - 2023年01月29日
10:00 - 18:00

場所
世田谷美術館

カテゴリー


世田谷美術館で定期的に入れ替えで開催されている「企画展」、今回は、作家として写真家として旅人として多才に活躍する藤原新也に焦点を当てた展示となります。

藤原新也は、1944年に福岡県門司市(現・北九州市)に生まれました。京藝術大学在学中、インドを旅したことから始まり、アジア各地を旅したことを写真とエッセイにまとめ『インド放浪』、『西蔵(チベット)放浪』、『逍遥游記』を発表。1983年に出版された単行本『東京漂流』でベストセラー作家となりました。

1989年には、アメリカから西欧を旅し、帰国後は少年時代に育った場所・門司港で撮影した『少年の港』など、日本各地を写真に収めます。

旅が始まってから50年がたち、大震災直後の東北を歩き、コロナで無人となった街に立って、これまでの道程と根幹に流れる人への思いを「祈り」というタイトルに込め、個展を開催します。

藤原はこれまで数多くの個展を開催してきましたが、公立美術館で大規模に開催されるのは、今回が初めてとなります。世田谷美術館での開催は、9月の北九州市立美術館に続くものとなります。

藤原の集大成となる今回の個展は、「祈り」というキーワードに基づき、藤原自身の眼で厳選・編集され、ストーリーが作られた展覧会です。写真、文筆、絵画、書と、あらゆるメディアを縦横無尽に横断して表現された藤原の表現活動を、200点以上の写真と言葉から辿ります。50年以上に及ぶ藤原の軌跡を総覧できる、初めての展覧会でもあります。

会場には、初期作から最新作までの藤原作品が一堂に集まります。写真は、大きいものでは3mの大画面にまで引き伸ばされ、文章は本展のために書き下ろされています。広い空間並んだ大迫力の写真と言葉は、書籍や写真集で「読む」こととはまた違う、鑑賞体験を提供します。

チケットはオンラインで「日時指定券」の形で11月1日から販売されています。

関連企画として、藤原新也による講演会『「祈り・藤原新也」展特別講演会』(12月14日14:00~15:30)が開催されます。

名称 祈り・藤原新也
日付 2022年11月26日 - 2023年01月29日
時間 10:00 - 18:00 休館日: 毎週月曜日(1月9日(月・祝)は開館、1月10日(火)は閉館)、12月29日(木)~1月3日(火)。※チケットは、購入サイトで予め購入する必要があります。
場所 世田谷美術館
料金 一般1200円、65歳以上1000円、大高生800円、中小生500円。
公式URL 公式ホームページはこちら
主催 世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、読売新聞社、美術館連絡協議会
お問い合わせ先 世田谷美術館(03-5777-8600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

//構造化データを出力