Browse By

世田谷の今日は何の日

今日は何の日

世田谷区で起きた様々な出来事を、「今日は何の日」として月ごとに紹介する「世田谷今日は何の日カレンダー」です。内容は順次更新しています。

1月の今日は何の日

1月5日 文久3年(1863年) 吉田松陰が世田谷若林の地(現在の松陰神社、当時は長州藩若林抱屋敷)に改葬される。
1月9日 明治7年(1874年) 区内初の公立小学校として、荏原学校(現若林小学校)が開校。
1月18日 大正14年(1925年) 玉川電気鉄道の三軒茶屋~世田谷間が開通(下高井戸線、現在の東急・世田谷線)。
1月20日 令和2年(2020年) 梅丘複合施設がオープン。
1月24日 昭和50年(1975年) 代田図書館が開館。

2月の今日は何の日

2月1日 平成31年(2019年) 希望丘複合施設がオープン。
2月27日 昭和13年(1938年) 徳冨蘆花の夫人から旧宅などの寄付を受けて、都立蘆花恒春園が開園。

3月の今日は何の日

3月1日 明治43年(1910年) 世田谷警察署の前身である品川警察署世田谷分署(池尻庁舎)が創設。場所は現在の住所で世田谷区池尻3丁目4番。
大正13年(1924年) 玉川電気鉄道の砧線が開通。
昭和48年(1973年) 奥沢図書館が開館。
3月6日 明治40年(1907年) 玉川電気鉄道(後の東急・玉川線、現在の東急・田園都市線の一部)の道玄坂上~三軒茶屋間が開通。世田谷に初めての鉄道が通る。
3月8日 昭和60年(1985年) 喜多見まちかど図書室(現喜多見図書室)が開室。
3月15日 昭和21年(1946年) 成城警察署が世田谷警察署から分離・独立して創設。
3月21日 平成29年(2017年) 世田谷区の公衆無線LAN「SETAGAYA Free Wi-F」が開始。
3月25日 平成31年(2019年) 九品仏複合施設がオープン。
3月27日 昭和57年(1982年) 松沢まちかど図書室(現松沢図書室)が開室。
3月30日 昭和61年(1986年) 世田谷美術館が開館。
令和4年(2022年) 図書館カウンター下北沢が開設。

4月の今日は何の日

4月1日 明治40年(1907年) 玉川電気鉄道の三軒茶屋~玉川(現在の二子玉川)間が開通。
昭和2年(1927年) 小田原急行鉄道(現在の小田急電鉄)の新宿~小田原間が全線一挙に開通。開通当時の世田谷区内の駅は、東北沢、下北沢、世田ヶ谷中原(現・世田谷代田)、豪徳寺、経堂、千歳船橋、祖師ヶ谷大蔵、成城学園前、喜多見の9駅。
昭和9年(1934年) 小田急・梅ヶ丘駅が開業。
昭和32年(1957年) 都立砧公園が開園。
平成7年(1995年) 世田谷文学館が東京23区初の近代総合文学館として開館。
4月3日 明治4年(1871年) 区内初の小学校である区立若林小学校の前身「太子堂郷学所」が、太子堂円泉寺内で校舎が落成し開校。若林小学校は都内で4番目に開校した学校であり、23区内の公立小学校では最古の歴史を持つ。
4月6日 平成63年(1988年) 尾山台図書館(旧玉川図書館)が現在地に移転し名称変更して開館。
4月7日 昭和52年(1977年) 東急・新玉川線(渋谷~二子玉川園間、現在の田園都市線の一部)が開通。
平成26年(2014年) 代田図書館が現在地で移転開館。
4月10日 昭和43年(1968年) 梅丘図書館が開館。
4月15日 大正2年(1913年) 京王電気軌道(現在の京王電鉄)の笹塚~調布間が開通。開通当時の世田谷区内の駅は、代田橋駅、火薬庫前駅(現・明大前)、下高井戸駅、上北沢駅、上高井戸駅(現・芦花公園駅)、烏山駅(現・千歳烏山駅)の6駅。
4月22日 平成27年(2015年) 図書館カウンター二子玉川が開設。
4月27日 明治41年(1908年) 東京府立園芸学校(現在の東京都立園芸高等学校)が開設。

5月の今日は何の日

5月1日 明治22年(1889年) 町村制の施行により、世田ヶ谷村、松沢村、駒沢村、玉川村(以上、東京府荏原郡)、千歳村、砧村(以上、神奈川県北多摩郡)が編成される。
大正14年(1925年) 玉川電気鉄道の世田谷~下高井戸間が開通。現在の東急・世田谷線が全線開通となる。
5月10日 昭和44年(1969年) 東急・玉川線の渋谷~二子玉川園間と、砧線の全線が廃止。
5月11日 昭和44年(1969年) 東急・玉川線の支線であった三軒茶屋~下高井戸間(下高井戸線)が世田谷線と改称して運行開始。
5月12日 平成6年(1994年) 砧図書館が現在地で移転開館。
5月16日 平成元年(1989年) 野毛まちかど図書室(現野毛図書室)が開室。
平成4年(1992年) 松沢まちかど図書室(現松沢図書室)が現在地で移転開室。
5月18日 平成2年(1990年) 希望丘まちかど図書室(現希望丘図書室)が開室。
5月24日 昭和55年(1998年) 粕谷図書館が開館。
5月29日 平成10年(1980年) 下馬図書館が開館。

6月の今日は何の日

6月1日 昭和48年(1973年) 玉川台図書館が開館。
昭和50年(1975年) 東京教育大学(筑波大学の前身)の農場跡地を中心として都立祖師谷公園が開園。
6月2日 令和2年(2020年) せたがや国際交流センター「クロッシングせたがや」がキャロットタワーの2階にオープン。
6月7日 平成10年(1998年) 鎌田図書館が開館。

7月の今日は何の日

7月10日 平成5年(1993年) 向井潤吉アトリエ館が世田谷美術館の分館として開館。
7月16日 令和元年(2019年) 二子玉川複合施設がオープン。
7月19日 昭和56年(1981年) 深沢図書館が開館。
7月21日 平成元年(1989年) 上北沢図書館が開館。
7月26日 昭和63年(1988年) 中央図書館が開館。
平成18年(2006年) 経堂図書館が開館。
7月30日 平成10年(1998年) エフエム世田谷が開局。放送を開始。

8月の今日は何の日

8月1日 昭和56年(1981年) 世田谷区の歌「緑と風と翼」、せたがやの応援歌「がんばれ元気な世田谷っ子!」を制定。
8月15日 平成27年(2015年) 世田谷区平和資料館(愛称:せたがや未来の平和館)が世田谷公園内でオープン。
8月17日 平成28年(2016年) 野毛大塚古墳の出土品(293点)が、国の重要文化財(美術品)に指定される。
8月20日 昭和21年(1946年) 小田急・世田ヶ谷中原駅が世田谷代田駅に改称。

9月の今日は何の日

9月1日 大正11年(1922年) 世田谷警察署が品川警察署から独立し(独立前は、品川警察署世田谷分署)、世田谷初の警察署が誕生。
平成28年(2016年) 世田谷図書館が世田谷合同庁舎に移転開館。
9月4日 昭和51年(1982年) 松沢まちかど図書室(現松沢図書室)が開室。
9月10日 昭和39年(1964年) 世田谷区政30周年事業の一環として、世田谷区立郷土資料館が開館。都内では最初の公立地域博物館。
9月18日 昭和57年(1982年) 松沢まちかど図書室(現松沢図書室)が開室。
9月29日 天正6年(1578年) 北条氏政が世田谷城主・城主吉良氏朝の城下町であった世田谷新宿で楽市を開催する「掟」書きを発した日付。世田谷ボロ市は、少なくともこの時期までさかのぼることが出来る。

10月の今日は何の日

10月1日 昭和7年(1932年) 東京市(当時)の区域拡張により世田谷区が誕生。
昭和11年(1936年) 千歳村と砧村(当時はいずれも東京府北多摩郡)が世田谷区に編入され、現在の世田谷区の区域となる。
昭和25年(1950年) 世田谷図書館が開館。
昭和31年(1956年) 同年の大東京祭を記念して募集されていた図案の中から選ばれ、区の紋章が制定される。
10月2日 昭和54年(1979年) 烏山図書館が開館。
10月16日 平成27年(2015年) 図書館カウンター三軒茶屋が開設。
10月29日 平成17年(2005年) 21世紀のせたがやのうた「おーい せたがや」制定。

11月の今日は何の日

11月1日 昭和41年(1966年) 砧図書館が開館。
平成5年(1993年) 世田谷ビジネススクエアが竣工。
11月7日 平成2年(1990年) 池尻まちかど図書室(現池尻図書室)が現在地で移転開室。
11月10日 令和2年(2020年) 世田谷区立図書館が電子書籍サービス「世田谷区電子書籍サービス」を開始。
11月18日 平成8年(1996年) 三軒茶屋のキャロットタワーがオープン。
11月14日 昭和59年(1984年) 世田谷電話局ケーブル火災が発生。
11月21日 明治15年(1882年) 吉田松陰の門下生により松陰の墓畔に社が築かれ、松陰神社が創建。

12月の今日は何の日

12月1日 昭和39年(1964年) 東京オリンピック(1964年)の第2会場だった場所が、都立駒沢オリンピック公園として開園。
12月3日 平成24年(2012年) 喜多見図書室が現在地で改築再開室。
12月9日 平成28年(2016年) 野毛図書室が現在地で移転開室。
12月18日 昭和59年(1984年) 桜丘図書館が開館。
12月24日 明治6年(1873年) 区立若林小学校の前身「幼童学所」(同年2月に太子堂郷学所から改称)が、前年に発布された「学制」に従い、区内初の公立小学校となる「第一大学区第二中学区第四番小学校荏原学校」とすることが決定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です